こんにちは、

 

今回からは、私が実体験から学んだ「買収で学んだ留意点」についてお話したいと思います。

 

先ずは、買収する立場から、自社の買収するノウハウ、能力についてです。

 

自社の買収するノウハウ、能力は、冷静に見極める必要があります。

また、外部の各種コンサルタントを活用するノウハウ、能力も同じです。

 

自社のノウハウ、能力も覚束ない、外部コンサルタントを活用した経験もなければ、一度立ち止まって冷静に買収するノウハウ、能力があるかを評価、判断した方がいいと思います。

 

夢のような成果が出る買収計画で社内決裁して、高値で買収し、大幅な計画未達成と赤字を垂れ流し、多額の減損を計上し、未だに買収した会社の経営を制御できず、手を焼いている。

でも、「困った、困った」と言って、手を拱いているだけ。

よくある話です。

 

「分相応」が一番です。

もし買収にチャレンジするのでしたら、先ずは小規模から始めて、ノウハウ・能力を積むことをお勧めします。

 

では、また。

 

(文責/白川耕三: 日本の建設会社に入社したのち、英米系など様々な企業で経理に従事)

 

プロファイルは、ネクト会計パートナーの最下段を参照下さい。)