こんにちは、

 

今回は、前回に続き、経営計画の理解について私が学んだ留意点についてお話したいと思います。

 

今回は、多角化の場合です。

 

異業種の経営計画を理解するのは、極めて難しく、至難の業です。

 

先ずは経営目標を直近数年の実績からストレッチさせずに買収する先の経営幹部と協議決定して、任せてみるのがいいと思います。

 

その間に買収する側から派遣した経営トップと財務トップが、買収先の経営幹部から謙虚な姿勢でビジネスと管理のツボを習得していけばいいと思います。

 

ゆっくり、ゆっくり、多角化されていくことをお勧めします。

 

では、また。

 

(文責/白川耕三: 日本の建設会社に入社したのち、英米系など様々な企業で経理に従事)

 

プロファイルは、ネクト会計パートナーの最下段を参照下さい。)